南禅寺帰雲院 永代供養塔「ともし碑」の申込の受付終了などはありますか?

「南禅寺帰雲院 永代供養塔「ともし碑」の募集について、受付の終了などはあるのでしょうか?」

先々、永代供養塔「ともし碑」に申し込もうとは思うのだけど、まだ年齢的に若いから・・・。まだ元気だから・・・。
年に一回親戚一同で集まるから、その時に話をしてから決めたいと思うのだけれど・・・。

このようなお考えをお持ちの方も多いのではないかと思います。

永代供養塔「ともし碑」は、大きく分けて、最初から合祀のタイプ(Dタイプ)と三十三年間個別納骨の後に合祀へお移しするタイプ(A・B・Cタイプ)がございます。

最初から合祀のタイプ(Dタイプ)につきましては、受入数に限りはございませんので、基本的に受付終了はございませんのでご安心ください。

しかし、三十三年間個別納骨の後に合祀へお移しするタイプ(A・B・Cタイプ)につきましては、お部屋(納骨室・カロート)の数に限りがございます。
したがいまして、空いている納骨室がいっぱいになった段階で、一旦募集は中止となります。

個別の納骨室につきましては、ご霊位がご入墓されてから三十三年後に合祀にお移しいたします。
その後は、その納骨室(カロート)は、空きとなります。
したがいまして、そうなった段階で再度、募集を再開させていただく形になります。

永代供養やお墓ことというのは、通常は亡くなられてからお考えになり・お決めになるというのが一般的かもしれません。
しかし、最近では、生前予約の方の年齢層が下がってきているというのも事実です。

仏教では、「寿陵」という考え方があるのをご存知でしょうか・・・?
「寿陵」というのは、生前に自分自身のお墓を造っておくと、長生きをするというものです。
最後に還る場所が、元気な間に決まることで、安心が生まれ、長生き出来るのでしょう。

永代供養塔「ともし碑」も安心をお届けするためにある、永代供養塔なのです。





640-100 資料請求バナー