永代供養塔「ともし碑」へのお申込をご検討され、ご見学にお越しいただく皆様より、良くいただくご質問の一つに次のようなものがあります。

「個別納骨タイプと合祀タイプではどちらが多いですか?」

今、この記事をお読みいただいております、貴方様も同じ疑問をお持ちではないでしょうか?
今回は、このご質問についてご回答させていただきます。

申込者数が多いのは、個別納骨タイプです。

個別納骨タイプと合祀タイプとを比べた際に、お申込者数の多いタイプは個別納骨タイプです。
これは、先々お参りをする際に、「合祀タイプだとどうしても心もとなく感じてしまう。」という、お考えをお持ちの方が割合として多いということが理由としてあげられます。
最終的には、ご霊位は皆同じ所へ還っていくというのが、仏教の考え方です。
最初から合祀であろうと、個別納骨後に合祀にお移ししようと、最後にご霊位が還っていかれる所は一つなのですが、今までの墓制や風習的に個別納骨をご希望される方が、割合としては多いです。

個別納骨タイプであろうと合祀タイプであろうと供養の内容に差はありません。

お申込者様のご意向や経済的事情等、様々な要素を検討されて永代供養墓選びをされるかと思います。
当永代供養「ともし碑」は供養の内容につきましては、個別納骨タイプであっても、合祀タイプであっても、変わりまございませんのでご安心ください

永代供養をご希望の方々には、様々なご事情がおありになるかと思います。
それぞれの方のご事情にあわせて、どのようなご対応をさせていただけるかを、丁寧にご説明させていただいております。
永代供養をご検討の際は、是非一度お気軽に資料請求いただければと思います。

永代供養塔「ともし碑」の資料請求はこちら

※お申込の際には、永代供養塔「ともし碑」使用規約へのご同意が必要となります。





640-100 資料請求バナー