永代供養塔「ともし碑」に入墓させたいが埋葬許可書がない場合

「永代供養塔「ともし碑」に、田舎のお墓の霊位を入墓させたいと思っています。

が、埋葬証明書がありません。どのようにすればよいのでしょうか・・・?」

このようなことで、ご不安を抱いていらっしゃる方も多いかと思います。

このようなケースの場合、どのようにすれば良いのでしょうか・・・?

まず、今あるお墓から新しいお墓へご霊位を移すことを、「改葬(かいそう)」といいます。

この改葬に必要なものは、「改葬許可書」というもので、これが埋葬証明書の代わりになります。

この改葬許可書は、今お墓のある市町村役場(京都市の場合は保健所)で発行してもらえます。

発行の際には、

①「新しいお墓の受入証明(永代供養塔 ともし碑の場合は、帰雲院より発行される使用許可書)」

②「今のお墓にご霊位が入墓されていることの証明」が必要となります。

埋葬証明書というものは②に当たるものですね。

これがない場合は、今あるお墓の管理者に証明していただけばよいのです。

改葬許可書に管理者に記入していただく欄があることが多いので、そこに記入してもらいます。

(改葬許可書の書式は、市町村によって違うことがあります。)

こういったこともサポートさせていただいておりますのでお気軽にご相談ください。





640-100 資料請求バナー