今回は、先日資料のご請求をいただいた方からのご質問をご紹介したいと思います。
お忙しい中、資料をご請求いただき、さらにご質問までいただけたことに心から感謝・感謝です。
ご質問をいただけるということは、ちゃんと資料に目を通していただいているということです。
そして、私共の説明不足の点を知ることができ、改善の参考になります。

いただいた質問は下記のとおりです。

【質問】
個別納骨室の大きさはすべて同じですか?骨壷の大きさってどうなるのでしょうか?

【ご回答】
納骨室の大きさはすべて同じで、1辺が27センチ四方の正方形の納骨室になっています。
個別納骨室には最大四霊位までご入墓いただけますが、入墓数によって骨壷の大きさがことなります。

 
 

個別納骨室には4種類のタイプがございますが、納骨室の大きさはすべて同じです。
場所によって永代供養志納金が変わってくるという形になります。

骨壷の大きさについてですが、
お一人でご入墓の場合・・・納骨室に入るサイズの骨壷であれば制限なし
お二人でご入墓の場合・・・4寸骨壷にてご納骨
三人または四人でご入墓の場合・・・二寸骨壷にでご納骨
となります。

永代供養塔「ともし碑」のお申込者は、全国からいらっしゃいます。
地域によって火葬時にお遺骨を拾う量もまちまちです。
したがって、非常に大きな骨壷でお越しになられる場合もございます。
その場合は、納骨法要時に上記の規定サイズの骨壷に移し替えをさせていただき、入り切らないお遺骨に関しましては合祀墓に埋葬させていただきます。

ちなみに、骨壷の大きさの目安についてですが
二寸骨壷・・・高さ約7.5cm×口径約6.5cm
四寸骨壷・・・高さ約14cm×口径 約13cm
となっております。
京都市内の場合は、四寸骨壷が使われる場合が、最近は多いようです。

また、永代供養希望者の人数のご申請はお申込時となります。

当サイトや資料をご覧になっていただいた等で、ご不明な点・気がかりな点などがあれば、お気軽にお問合せください。





640-100 資料請求バナー