永代供養を京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良でお探しの方、南禅寺帰雲院永代供養塔「ともし碑」のご紹介。

南禅寺と帰雲院について

  • HOME »
  • 南禅寺と帰雲院について

南禅寺と帰雲院について

臨済宗大本山 南禅寺について

南禅寺について

南禅寺の桜

南禅寺の桜

南禅寺は今から710年あまり昔の正応4年(1291年)、亀山法皇が無関普門禅師(大明国師)を開山に迎えて開創されました。

亀山法皇は建長元年(1249年)、後嵯峨上皇の王子として誕生され、10歳にして皇位に就かれました(弟90代 亀山天皇)。

しかし、ご在位の頃より東アジア情勢が緊迫し、上皇になられてからは蒙古襲来という国難に立ち向かわれました。

この頃、上皇は父である後嵯峨天皇が帰依されていた圓爾辧圓(えんにべんねん)禅師(無関禅師の師・聖一国師)に受戒・問法し、不動の心を持って危機に対処されたのでした。

国難去った正応2年(1289年)、上皇は離宮禅林寺殿で落飾(出家)され、法皇になられました。

諱(法名)を金剛眼と申されます。「文応皇帝外紀」によれば、まもなく離宮に妖怪な事が起こりましたが、無関禅師は雲衲(修行僧)と共に離宮に留まり、坐禅・掃除・勤行と、禅堂そのままの生活を送られただけで妖怪な事は終息してしまいました。

法皇は禅師の徳をたたえて深く帰依され、正応4年離宮を禅寺とされました。

法皇と無関普門禅師の出会いはもっと早い時期にあったとも考えらています。

開山に迎えられた無関禅師は、その年の12月に遷化(死去)されてしまいました。

そこで、よく正応5年、法皇は第二世として、規庵祖圓禅師(南院国師)を選任されました。

禅寺といっても、離宮には伽藍として機能するものは、一つもありませんでした。

従ってその建立が規庵禅師に課せられたわけですが、入寺からおよそ15年の歳月を費やし、暫くその完成を見るに至ったのでした。

規庵禅師が創建開山とよばれる理由です。

伽藍の完成した嘉元3年(1305年)9月15日、亀山法皇は嵯峨の亀山殿で御歳57歳をもって崩御されました。

御陵は亀山殿の跡地に建立された天龍寺境内にあります。

南禅寺 本坊

南禅寺 本坊

水路閣

水路閣

南禅寺の紅葉

南禅寺の紅葉

南禅寺創建開山堂 帰雲院について

帰雲院と規庵祖円禅師(南院国師)について

規庵祖円禅師(南院国師)

規庵祖円禅師(南院国師)

規庵祖円禅師(南院国師)は無関禅師と同郷の今の長野市長池で弘長元年(1261年)にお生まれになりました。

少年の頃から鎌倉浄妙寺の龍江和尚のもとへ預けられ、ここで特に漢学の素養を身につけたといいます。

弘安3年(1280年)、北条時宗の招きによって宋の禅僧無学祖元が来朝し円覚寺の開山になりました。

規庵禅師は無学禅師の門下に入って日夜参禅に精進しました。

しかし、無学禅師は弘安9年(1286年)、円覚寺で遷化してしまいました。

師を失った禅師は新たな師を求めて京都に登り、東福寺の無関禅師のもとに移って更に修行を続けました。

そして無関禅師の遷化の後を受けて、法皇の命により、31歳の若さで南禅寺第2世の住持となりました。

一宇もなかった南禅寺に、十余年の歳月を費やし、仏殿、法堂、三門、僧堂等の伽藍の建立整備に後半生を捧げ、亀山法皇を始め数多くの修行僧の育成に努められました。

正和2年(1313年)4月2日、53歳の生涯を終わりました。

南院国師を特に「創建開山」と称し開山大明国師を同格に崇めるのが南禅寺の古規慣例です。

遺骨は禅師の遺言により帰雲院の宝篋印塔に納め塔所となりました。

帰雲院は以来700年間、南禅寺本山最初の塔頭寺院として南院国師をお祀りしています。

宝篋印塔

宝篋印塔

帰雲院本堂

帰雲院本堂

帰雲院山門

帰雲院山門

帰雲院 年中行事について

会員の皆様にはご案内を差し上げております。

三月 / 彼岸中の休日 春季彼岸法要
八月 / 上旬 / 九日~十五日 盂蘭盆施餓鬼法要
棚経(お盆参り)
九月 / 彼岸中の休日 秋季彼岸法要

※帰雲院の壇信徒会(帰雲会)に入会されますと、本山「南禅会」の会員として坐禅会や研修会等の本山行事に参加することができます。
(入会金無料・年会費一万二千円・入会は任意です)

関連記事

「ともし碑」について
永代供養とは
「ともし碑」の特徴
「ともし碑」の造り
「ともし碑」供養とお参りについて
メディア掲載
「ともし碑」の費用について
お申込までの流れ
帰雲院までの道程
地下鉄「蹴上」~帰雲院

640-100 資料請求バナー

資料請求・現地見学・お問い合せはこちらから! TEL 075-212-4434 午前9:00~午後18:00

PAGETOP