永代供養を京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良でお探しの方、南禅寺帰雲院永代供養塔「ともし碑」のご紹介。

永代供養とは

  • HOME »
  • 永代供養とは

永代供養(墓)とは

墓地・墓石の高価格化、人々の祖先祭祀に関する意識の変化、また少子化に伴う「家の 跡継ぎ」の欠如、離婚率の増加等により、「先祖代々の墓」から、「1代の墓」、「夫婦の墓」 、「個人の墓」と言ったニーズが高まりつつあります。

永代供養(墓)は、本来の継承者(子孫など)に代わり、寺院によって永代にわたり管理・ 供養が行われることを前提とした墓のことで、継承者のいない人などを主な対象者として開 設されたものです。

永代供養墓・永代供養塔・倶会一処墓などと呼ばれることもあります。

時代と共に求められるお墓のスタイルも様々に変化しており、今新しい永代供養システム が求められています。

永代供養(墓)の対象者

  • 「子どもがいない・・・」
  • 「子どもが嫁いだ・・・」
  • 「独身・・・」
  • 「身寄りがない方・・・」
  • 「お墓を継ぐ人がいない・・・」
  • 「子どもたちにお墓のことなどで負担をかけたくない・・・」>
  • 「自分ひとりだけのお墓にしたい・・・」
  • 「お墓に大金をかけたくない・・・」
  • 「生前にお墓を建てたい・・・」
  • 「お寺とのつき合いが面倒・・・」
  • 「お墓が遠くお参りにいけない・・・」
  • 「手元の遺骨をどうすればいいのかわからない・・・」
  • 「宗旨・宗派にこだわりたくない・・・」
  • 「お墓のことはなにもわからない・・・」

など・・・・・・

さらに、南禅寺帰雲院 永代供養塔「ともし碑」にお申込された方々には、

  • 「実家の最期の当主の父は亡くなり、母も重度介護状態で有料老人施設へ、その子ども達 は全員女で、皆長男の   嫁。位牌は永代供養に菩提寺が引き受けてくれたが、4列ある墓群 をまとめ、境内に先祖代々の墓として移転することは「子孫が守れない」とのことで、菩提寺 に断られる。私たち姉妹没後の墓守をどうするか困っていた。」
  • 「お墓がなかった」
  • 「お墓を所有しておらず、故人の突然の死亡の後、どのようなお墓の形態にするかや後々の管理のことも考え適当なところを探していました。」
  • 「娘はお墓を建てたいというのと、息子は両親のように納骨できればいいと言う意見で息子の言うとおりにしました。私もこれでよかったと思います。」
  • 「私も66歳ですから、後のことをいろいろ考えていました。」
  • 「以前から自分達の後のことについて考えておりました。娘二人ですが子ども達には負担を かけたくない。」
  • 「入院療養中の家内が生前に希望していたので捜しておりました。」
  • 「どこかいい所がないかさがしていました。」
  • 「適当なところを捜していた。」

など・・・・・・

という方々もおられます。
 

関連記事

「ともし碑」について
南禅寺と帰雲院について
「ともし碑」の特徴
「ともし碑」の造り
「ともし碑」供養とお参りについて
メディア掲載
「ともし碑」の費用について
お申込までの流れ
帰雲院までの道程
地下鉄「蹴上」~帰雲院

640-100 資料請求バナー

資料請求・現地見学・お問い合せはこちらから! TEL 075-212-4434 午前9:00~午後18:00

PAGETOP