永代供養墓の墓誌

永代供養墓には、2つの機能があることをご存知でしょうか?

一つ目は、納骨という機能です。

そして、もう一つは納骨されている人の記録を保持するという機能です。

普通のお墓であれば、このお墓には誰が入っていて、戒名は何で、いつ亡くなったのか?などが、石塔(棹石や墓誌など)に刻字されますね。

では、永代供養墓の場合はどうなのでしょうか?

永代供養墓の場合、個別墓タイプや集合墓タイプの場合は、石塔に俗名や戒名などを刻字したり、ステンレス製のプレートなどに刻字したりします。

合祀墓タイプの場合は、合祀者専用の共同の石版などに刻字するケースが、割合としては一番多いようです。

他にも、遺骨は合祀墓に埋葬し、周りに小さな石塔を立てて、そこに刻字するタイプのものや、位牌を安置して記録を残すというタイプのもの、過去帳などに記録を残すのみというところもあるようです。

納骨者の名前などを墓籍簿等に記録・保存することは法的義務もありますので、このような管理は非常に重要なことのの一つです。

永代供養墓を探す際にも、このような記録などもきちんとなされ、保存されているのか等も確認されることも大事なことの一つです。

今までは、墓誌には俗名や戒名、没年月日を刻字するのが一般的でしたが、最近では、好きな言葉や銘を刻字するケースも多くなってきたようです。

本コーナーが、お墓のことで不安やお悩み、疑問をお持ちの方々にとって、永代供養墓というものはどういうものなのかご理解いただく助けとなったり、お持ちの問題・悩み等の解決のきっかけになれば幸いです。

もし、お墓のことについて、永代供養という方法に興味をお持ちであれば、よろしければ当永代供養塔の資料もご請求してみていただいてはいかがでしょうか?

永代供養塔「ともし碑」の資料請求はこちら

※当記事で紹介している全ての情報ならびに内容につきましては、自己の責任においてご利用頂くようお願い致します。また、当記事に関するお問合せ、ご質問等もご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

【永代供養塔「ともし碑」についてのお問合せ】
永代供養墓事業共同組合
(販売代理店:アール・ライフ・サポート合同会社)
〒602-8032
京都市上京区夷川町388-3 GCビル4F

TEL (075)212-4434 / FAX (075)212-0230

帰雲院
TEL (075)771-4805





640-100 資料請求バナー