永代供養と位牌について

「永代供養にしたのだけれど、位牌はどのようにすればいいの?」

このような、お悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は永代供養とお位牌をテーマについて書いていこうと思います。

永代供養と位牌については、寺院ごとに意向が違います。

永代供養と位牌については、各寺院事で意向がことなります。

例えば、永代供養のタイプでいうと、

屋内で仏壇形式のものに遺骨や位牌を安置し永代供養するタイプの寺院や墓地

屋外にロッカー形式のようなタイプでお遺骨のみを安置するタイプの寺院や墓地

屋外で普通のお墓に近いようなもので永代供養するタイプの寺院や墓地

合同墓に合祀するタイプの寺院や墓地

大きく分けると、永代供養には上記のタイプがあり、屋内の仏壇タイプの場合を除くと、最近はお位牌の安置は行っていない寺院が多いのではないかと思います。

各個人の方たちでも、永代供養と位牌については希望が違います。

各個人(ユーザー)の側でも、永代供養とお位牌についてのご要望は様々です。

大きく分けると、

永代供養申込後も、お位牌はできる限り、自宅で供養したい

永代供養申込後は、お位牌の供養をできるものがいなくなる

の二つに代別することができます。

さらには、1の場合で、自分は当分供養できるが、そのあとどうしたらいいのかわからないという方もいらっしゃいます。

では、永代供養とお位牌についてはどのように考えればいいのか?

では、永代供養とお位牌については、どのように考えればいいのでしょうか?

まず、永代供養と言うのは、お墓(ご霊位・お遺骨)についての供養を、寺院になどに依頼するものです。
(ただし、永代供養と言うのは、決まった定義がございませんので、この言葉を用いられる方によって、意味・解釈が異なる場合があります。)

お位牌というのは、基本的には自宅等で、故人に手を合わせるためのものです。

大切なことは、故人に手を合わせ、供養することです。

であれば、その手を合わせ、供養する場が、お墓であっても、お位牌の前であってもかまわないでです。

ただ、お墓には、そうそう行けないという方が昨今は、大多数ですから、お墓に行けない代わりに、お位牌の前で手を合わせる、供養をするという意味合いでお位牌と言うのものが用いられてる部分もあります。

ですから、永代供養したからと言って、位牌も必ず永代供養にしないといけないということもありませんし、供養をできる方がいらっしゃる間は、お手元に位牌を置き、供養し続けても良いわけです。

逆に、供養できる方がいらっしゃらない場合は、お焚きあげ供養などでお位牌を供養処分する方法もあるわけです。

永代供養とお位牌については、必ずこうしないといけないという決まりはありません。

ですので、永代供養をお願いされる寺院に御相談されるのがよろしいのではないかと思います。

もし、お墓のことについて、永代供養という方法に興味をお持ちであれば、よろしければ当永代供養塔の資料もご請求してみていただいてはいかがでしょうか?

永代供養塔「ともし碑」の資料請求はこちら

※当記事で紹介している全ての情報ならびに内容につきましては、自己の責任においてご利用頂くようお願い致します。また、当記事に関するお問合せ、ご質問等もご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

【永代供養塔「ともし碑」についてのお問合せ】
永代供養墓事業共同組合
(販売代理店:アール・ライフ・サポート合同会社)
〒602-8032
京都市上京区夷川町388-3 GCビル4F

TEL (075)212-4434 / FAX (075)212-0230

帰雲院
TEL (075)771-4805





640-100 資料請求バナー