永代供養墓の納骨方法

遺骨をどのような場所にどんなふうに納骨するのかという納骨方法についても、いくつかの種類に分類することが可能です。

■最初から合祀または合葬するタイプ
このタイプは最初から遺骨を骨壷から出し、みんなの遺骨と一緒に土に還すという方法をとるタイプです。
普通のお墓への納骨方法にも骨壷の状態で納骨する方法と骨壷から出し土に還す方法があります。
後者のタイプを採る風習のある地位では、このような合祀の方法での永代供養墓が割合としては多くみられるようです。
永代供養墓全体の割合としても、この合祀タイプのものが一番多いのではないでしょうか?

■一定期間個別安置後合祀にするタイプ
このタイプは、一定の期間骨壷の状態で安置し、その後に合祀にするというタイプのものです。
一定期間の期間については、各永代供養墓で様々です。
三回忌~50回忌の間で設定されている永代供養墓が大半ではないかと思われます。
また、使用者の希望によって個別安置年数を決定するというような永代供養墓も中にはあるようです。

■永代に個別安置するタイプ
このタイプは、割合としてはかなり少ないですが、永代(お寺が続くかぎり)に個別に安置するというタイプの永代供養墓もあります。

■その他のタイプ
分骨のような形で、遺骨のごく一部飲み一定期間あるいは永代にわたり個別安置し、残りの遺骨は合祀するというようなタイプの永代供養墓もあります。

このように、納骨の方法を一つとって見ても、様々な方法があるのがわかります。
利用者(使用者)にニーズも、
「できるだけ散骨に近い形の永代供養墓がいい。」「できるだけ普通のお墓のように個別に納骨できる永代供養墓がいい。」等々様々です。
ご自身が希望する納骨方法はどのようなものなのか?を決めた上で、ニーズに合う永代供養墓をお探しになられるのがよいでしょう。

また。利用者のニーズの多様化にともない、いくつかの納骨方法のタイプを併せ持つ永代供養墓も多くなってきています。

本コーナーが、お墓のことで不安やお悩み、疑問をお持ちの方々にとって、永代供養墓というものはどういうものなのかご理解いただく助けとなったり、お持ちの問題・悩み等の解決のきっかけになれば幸いです。

もし、お墓のことについて、永代供養という方法に興味をお持ちであれば、よろしければ当永代供養塔の資料もご請求してみていただいてはいかがでしょうか?

永代供養塔「ともし碑」の資料請求はこちら

※当記事で紹介している全ての情報ならびに内容につきましては、自己の責任においてご利用頂くようお願い致します。また、当記事に関するお問合せ、ご質問等もご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

【永代供養塔「ともし碑」についてのお問合せ】
永代供養墓事業共同組合
(販売代理店:アール・ライフ・サポート合同会社)
〒602-8032
京都市上京区夷川町388-3 GCビル4F

TEL (075)212-4434 / FAX (075)212-0230

帰雲院
TEL (075)771-4805





640-100 資料請求バナー