永代供養墓の供養の方法
永代供養墓の管理者が担う役割は、大きく二つのことがあります。
一つは納骨者の記録の保存、次に供養です。
納骨者の記録には、納骨者の俗名・戒名(法名)等を墓誌や過去帳などに刻字・記載する形で保存していきます。

供養をどのように行うかについては、各永代供養墓でケースバイ・ケースであり、一律に永代供養墓の供養の方法はこうです。とは言えません。
これには二つの理由が考えられます。
一つは、各永代供養墓の運営・管理者(寺院や霊園)の意向や考えが供養方法に反映されること。
二つ目は、宗旨や宗派によって、法儀が違ってくることです。

割合的に一番多く採用されている供養の方法は、納骨後、年に三回(春・秋の彼岸、お盆)合同法要を行う形式です。

個別納骨の場合、三十三年後(又は三十三回忌後)遺骨が合葬されるケースが多いですが、その場合でも合葬されたのちも供養は変わらず続けられるのが一般的です。

また、故人の供養を行う際には、祥月命日や年忌法要を思い浮かべる方も多いと思います。
これらに関しては、初めからシステムに組み入れられている永代供養墓もありますが、おおくの場合は、任意で希望の場合は別途費用というケースが多いようです。

供養の回数や法儀については下記のように、各永代供養墓でかなり違いがあります。
・一年に一回供養祭を行う。
・毎月法要(定例法要)を営む。
・毎日回向をする。
・その他
読経や供花、焼香、お供え物などは共通のようです。

塔婆については、卒塔婆を用いるところや水塔婆を用いるところ、また塔婆は用いない所など各永代供養墓によって違ってきます。

また、
・生前授戒
・位牌供養
・葬儀の対応
・仏事や法事の相談
などに、対応している永代供養墓(寺院)もありますが、これも各々まちまちです。

永代供養墓の場合、宗旨・宗派を問わずに申込できる所もたくさんありますが、特に寺院が運営・管理している所の場合、供養はその寺院の法儀で行われ、勝手に他宗教や他宗派の法要を永代供養墓のある寺院内で営むとはできません。

本コーナーが、お墓のことで不安やお悩み、疑問をお持ちの方々にとって、永代供養墓というものはどういうものなのかご理解いただく助けとなったり、お持ちの問題・悩み等の解決のきっかけになれば幸いです。

もし、お墓のことについて、永代供養という方法に興味をお持ちであれば、よろしければ当永代供養塔の資料もご請求してみていただいてはいかがでしょうか?

永代供養塔「ともし碑」の資料請求はこちら

※当記事で紹介している全ての情報ならびに内容につきましては、自己の責任においてご利用頂くようお願い致します。また、当記事に関するお問合せ、ご質問等もご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

【永代供養塔「ともし碑」についてのお問合せ】
永代供養墓事業共同組合
(販売代理店:アール・ライフ・サポート合同会社)
〒602-8032
京都市上京区夷川町388-3 GCビル4F

TEL (075)212-4434 / FAX (075)212-0230

帰雲院
TEL (075)771-4805





640-100 資料請求バナー