「永代供養墓」と宗教的条件等

永代供養墓に申し込む際には、ほとんどの永代供養墓で使用規約などがあります。

そして、その中に申込に関する条件なども記載されてるケースがほとんどです。

たとえば、故人の霊位(遺骨)の受け入れの可否などです。

ほとんどの永代供養墓では、故人の受けれ入れもしてしますが、中には生前予約者のみというようなところもあるようです。

次に宗教的な条件についても決まりがあるケースがあります。

すでに亡くなったご霊位については、宗教的な条件を問われるケースは少ないようです。

しかし、生前申込みの場合については、宗教的条件がある場合があります。

特に、寺院が開設・運営している永代供養墓の場合は、その寺院の意向が申込条件にも反映されているケースが非常に多いです。

宗教的条件については、大きくわ分けると下記のようになります。

①宗教一切不問

②在来仏教であれば可

③その永代供養墓を開設・運営している寺院の宗派に帰依すれば可

④その永代供養墓を運営・開設している寺院の檀家になれば可

大きく分けると、このような条件に分かれます。

どの場合においても、それまでの宗旨・宗派については問わないというケースが多いようです。

寺院が開設・運営する永代供養墓の場合、全体的な割合としては、②③が多いのではないでしょうか?

寺院墓地に普通のお墓を建墓することを考えると、それよりは緩い条件の永代供養墓が多いというようなケースが一般的です。

また、霊園で開設・運営されている永代供養墓は宗教不問というところがほとんどです。

また、単に永代供養のための納骨先としてだけではなく、生前予約者の会などを運営している永代供養墓もあります。

行事や催し物などを通じ、交流を深め、会員同士の絆を深めていくことを目的としている会が多いようです。

永代供養墓を希望される方の多くは、承継者がいないという方たちですから、申込者同士の交流や絆が深まることで、会員の安心度合いもより高まるというケースがあるようです。

このように、永代供養墓に申し込むに当たっては、

・受け入れについて、生前予約のみと永代供養墓と故人も受け入れ可能な永代供養墓があること

・宗教的条件が、永代供養墓によって違ってくること

・会を組織・運営している所もあること

このような、(宗教的)条件が各々ありますので、しっかりと確認をし、ご自身の要望する条件に合うものなのかどうかを考えることが必要です。

費用などとともに、必ず確認するようにしましょう。

本コーナーが、お墓のことで不安やお悩み、疑問をお持ちの方々にとって、永代供養墓というものはどういうものなのかご理解いただく助けとなったり、お持ちの問題・悩み等の解決のきっかけになれば幸いです。

もし、お墓のことについて、永代供養という方法に興味をお持ちであれば、よろしければ当永代供養塔の資料もご請求してみていただいてはいかがでしょうか?

永代供養塔「ともし碑」の資料請求はこちら

※当記事で紹介している全ての情報ならびに内容につきましては、自己の責任においてご利用頂くようお願い致します。また、当記事に関するお問合せ、ご質問等もご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

【永代供養塔「ともし碑」についてのお問合せ】
永代供養墓事業共同組合
(販売代理店:アール・ライフ・サポート合同会社)
〒602-8032
京都市上京区夷川町388-3 GCビル4F

TEL (075)212-4434 / FAX (075)212-0230

帰雲院
TEL (075)771-4805





640-100 資料請求バナー