「永代供養墓」とは

今回は、永代供養墓というものが、一体どのようなお墓なのか?ということについてご紹介していこうと思います。

今までのお墓と永代供養墓を考える上で、大きなポイントとなる点の一つに「承継者の問題」が挙げられます。

これまでのお墓は、お寺にある寺院墓地や公営・私営の霊園等に建立するわけですが、あくまで立てたお墓については承継者となる人が代々引き継ぎ、維持・管理をしていくという形のものでした。

したがって、承継者がいなくなれば(途絶えれば)、公示等のための一定の期間であったり、所定の手続きが必要ではありますが、無縁墓として改葬されたり、処分されることになります。

ということは、承継者がいなくなってしまったり、または承継者がいなくなることが事前に分かっている場合には、霊園の規則等によっても変わってきますが、お墓を建てれないというケースもあったりします。

そして、上記のような場合、建墓してもゆくゆくは無縁墓になってしまうことが、建墓前からわかってしまうということになります。

「代々引き継いできた墓を自分の代で途絶えさせてしまう」「親や祖父母が建てた墓が自分の代以降承継できなくなる」このことは、お墓の使用者のとっても非常につらいことです。

そして、このことは霊園の管理者にとっても避けたいことでもあるのです。

なぜなら、無縁墓が増えることで、管理費を徴収できないケースが増えていき、その結果霊園運営に大きな支障が出てしまうためです。

ですから、先述したように一定期間の公示や所定の手続き後、無縁墓を処分・改葬するということになります。

このような社会情勢の変化の中で、最初に永代供養料を納めれば、寺院や霊園が個人に代わって、そのご霊位を管理・供養していくという「永代供養墓」という形のお墓が誕生し・年々増えてきているわけです。

永代供養墓の場合、寺院や霊園が管理・供養してくれますから、承継者の問題で悩む必要もありません。

家族形態等が変化してきている昨今の状況の中で、今までのお墓のように承継者の問題を危惧することなく、残されるものに負担をかけず、死後を安心して託せるシステム。

それが、永代供養墓です。

そして、永代供養墓の特徴は、多くの場合、生前予約申し込みができるということです。

これにより、死後の安心もさることながら、残りの人生の安心というものも得ることができるのです。

永代供養墓という言葉は、法的な定義があるというわけではありませんが、上記の様な内容が一般的な共通理解となっています。

本コーナーが、お墓のことで不安やお悩み、疑問をお持ちの方々にとって、永代供養墓というものはどういうものなのかご理解いただく助けとなったり、お持ちの問題・悩み等の解決のきっかけになれば幸いです。

もし、お墓のことについて、永代供養という方法に興味をお持ちであれば、よろしければ当永代供養塔の資料もご請求してみていただいてはいかがでしょうか?

永代供養塔「ともし碑」の資料請求はこちら

※当記事で紹介している全ての情報ならびに内容につきましては、自己の責任においてご利用頂くようお願い致します。また、当記事に関するお問合せ、ご質問等もご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

【永代供養塔「ともし碑」についてのお問合せ】
永代供養墓事業共同組合
(販売代理店:アール・ライフ・サポート合同会社)
〒602-8032
京都市上京区夷川町388-3 GCビル4F

TEL (075)212-4434 / FAX (075)212-0230

帰雲院
TEL (075)771-4805





640-100 資料請求バナー