エンディングノートとは?

皆さんはエンディングノートというものをご存知でしょうか?

エンディングノートとは、自身が人生の最後の時期に自分自身に起こる万が一のことに備えて、自身の思いや希望などを書きとめておくノートのことです。

自分自身が亡くなった際や、判断する力・意志を疎通する力が無くなってしまうような病気にかかってしまった時などに、自身の希望する内容を記しておいたりします。

記載する項目に、必ず必要なもはありません。

よく記載される項目としては、

(1)病気になった際の延命処置の希望の有無
(2)自分自身が要介護になった際の希望
(3)財産や貴重品などに関すること
(4)自分自身のお葬式やお墓に対する希望
(5)相続についての考え
(6)自分の歴史(自分史)
(7)家系図
(8)その他

などがあります。

ただし、遺言と違い、法的な効力はありません。

主な目的は、自分が存命している間(特に終末期)や亡くなった後に家族や周りの人たちの負担を軽減することです。

エンディングノートは、一般書店でも販売されていますし、無料配布している団体などもあります。

※当記事で紹介している全ての情報ならびに内容につきましては、自己の責任においてご利用頂くようお願い致します。また、当記事に関するお問合せ、ご質問等もご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

【永代供養塔「ともし碑」についてのお問合せ】
永代供養墓事業共同組合
(販売代理店:アール・ライフ・サポート合同会社)
〒602-8032
京都市上京区夷川町388-3 GCビル4F

TEL (075)212-4434 / FAX (075)212-0230

帰雲院
TEL (075)771-4805





640-100 資料請求バナー