今回は永代供養の料金や価格についてです。

 
 
 

永代供養の料金や価格はお寺毎に内訳が違うことをご存知ですか?

永代供養に関する料金や価格については、お寺(または運営する霊園など)によって内訳が違ってくる場合が多々あることをご存知でしょうか?

例えば、「納骨時の法要料」「個別に年忌法要する場合の料金」「刻字のための料金」などです。

永代供養に関する一式料金の中に含まれている場合もあれば、そうでない場合もあります。

つまりは、どこの永代供養墓でも、料金・価格体系は全く同じということはないということです。

 
 
 

永代供養の料金内訳がお寺ごとに違ったりする理由とは・・・?

では、永代供養の料金や価格の内訳がお寺ごとに違ったりするのはなぜなのでしょうか?

一つには、永代供養を一口に言っても、お墓や塔の形式がそれぞれ違ってきますし、運営母体がお寺なのか霊園なのかによっても、変わってくる場合があります。

また、最初から合祀の場合や個別安置をする期間などによっても変わってきます。

つまり、永代供養というのは、統一の規格が存在しないため、各寺院や霊園などの運営者の意向や、永代供養墓の形態などによって、料金や価格の内訳も変わってくるのです。

では、永代供養の料金についてはどんな点に注意すればいいのでしょうか?

では、永代供養の料金を検討する際にはどのような点に注意を払えばいいのでしょうか?

それは、先々のことまで含めた料金・価格を考えるということです。

永代供養の場合、最初に永代供養料や納骨料などがかかってきます。

そして、入墓予定者の方が入墓された後に、遺族の方などが年忌法要を個別で行うことを希望されるのか?

その場合には、料金はどうなるのか?

など、入る方だけではなく、お参りに来る方のことも考えて想定するということが、永代供養の料金を検討する上で非常に重要な事です。

 
 
 

永代供養の料金を検討する際のことをまとめると・・・

永代供養の料金や価格を考える際には、

「各永代供養墓の運営者(お寺・霊園等)の意向や形態によって料金・価格が変わってくるし、統一の規格はないこと。」

を念頭において、

「入墓まででなく、お参りに来てくれる人がいればその方たちのことも考えて永代供養の料金を検討する」

ことです。

そして、永代供養墓を選ぶ際には、

「先々のことまで含めたトータルな料金を明確に示してくれるところか否か?」

というのが、一つの重要な判断基準にもなります。





640-100 資料請求バナー