「永代供養費用は、いくらかかるのだろうか?」

このようなことを、疑問に思われていましセんか?

永代供養を考えた時に、最初に知りたいのが、

「費用はいくらかかるのか?」

ということだと思います。

そこで今回は、永代供養費用はいくらくらい必要なのか?ということについて、書いていこうと思います。

永代供養費用を払うだけではない場合もある。

永代供養費用というと、

「最初にいくらの決まった供養料を払っておけば、後は任せておけるのではないの?」

とお考えの方が大半かと思います。

しかし、このように一式の永代供養費用になっていない場合もあるのです。

なぜなら、永代供養墓と言うのは、世間で性格に定義付けがなされているものでは無いため、お寺や霊園運営者によっても、若干考え方が違ってくる場合があります。

ですから、費用面でも違いが出てくることが多いのです。

永代供養費用は「何に」「いくら」必要なのか?

では、どうすればいいのかというと、

・一般的な永代供養費用は「何に」「いくら」必要なのかを把握する。
・自分が検討する永代供養墓の費用の内訳をしっかりと確認する。

ということが大事なっていきます。

永代供養費用というのは、通常次のようなもので構成されます。

・永代供養料・・・永代にわたって供養や弔いをお寺や霊園運営者に託すためのお布施や冥加金。
・納骨法要料(供養料)・・・遺骨を納骨する際の、法要(読経)に対するお布施や冥加金
・刻字料・・・故人(または生前予約者)の名前などを、プレートや墓標などに刻字する費用

これらが、一式料金でいくらという場合もあれば、納骨法要料や刻字料は別(またはどちらかが別)というように、各永代供養墓によって、表示の仕方が違う場合もあります。

また、永代供養費用とは別に、生前予約の場合は、生前の間のみ会費が必要なケースもあります。

各永代供養墓によって、一式費用や別途費用などの内訳などが違ってきますから、全てを必ず確認するようにしましょう。

というわけで、

「永代供養費用はいくらくらいかかるのか?」

については、

各永代供養墓によって、費用の内訳やそれぞれいくらかかるのかが違ってくるので、一式費用・別途費用ともに、契約前に全てをちゃんと確認することが大事!

ということでした。

【ご注意】
本記事内容は、永代供養墓事業協同組合が、本サイトご利用者様の永代供養墓選び等のご参考なればと思い、ご提供している内容となります。
従いまして、永代供養塔「ともし碑」についての内容ではありません。予めご了承下さいます様、お願い申し上げます。

 
 
 

関連記事





640-100 資料請求バナー