今回は、永代供養の費用とお墓の費用の違いをご紹介します。

016
 
 
 

永代供養の費用

永代供養にかかる費用にはどのようなものがあるでしょうか?

別記事でもご紹介しましたが、永代供養にかかる費用には、

永代にわたりお寺や運営する霊園などが、存続する限り供養するための供養料(冥加金)、

納骨時に法要をするための志納金(冥加金)、

プレートや銘板などに刻字するための費用、

などの費用が必要となります。

これらが、一式料金となっているかどうかは、各永代供養墓で違ってきます。
 
 
 

お墓の費用

では、一般のお墓を立てる場合には、どのような費用が必要なのでしょうか?

まず、墓地(土地)を使用するために、墓地(霊園)管理者に使用料を納める必要があります。

一般的には、永代使用料などと呼ばれることが多いですね。

次に、遺骨を納めるためのカロートや外柵をつくなどの基礎工事を行うための費用が必要となります。

そして、墓石そのものの費用が必要となります。

加えて、墓地(霊園)管理者に、管理料を毎年納める必要があります。

もちろん、自分の墓地内の管理は、上記の管理料には含まれていませんし、

供養なども自分たちで行っていかないといけません。
 
 
 

永代供養とお墓の費用はどう違うのか?

では、永代供養とお墓の費用では、どのように違うのでしょうか?

それぞれにかかる費用の内訳の違いは、前述したとおりです。

イメージとしては、

永代供養の場合は、供養や管理をお寺や霊園運営者に託すために、最初に費用を納める。

お墓の場合は、イメージとしては借地に持ち家を建てて、自分たちで管理をしていくということになるでしょうか、、、?

 

 

 

というわけで、

永代供養の費用とお墓の費用の違いについてご紹介しました。

永代供養とお墓のどちらを選ぶのが正解ということはありませんが、両者の違いをしっかり認識した上で、選択をしていくのが良いでしょう。

その過程の中で、かかる費用の違いをしっかりおさえておくことも重要な事です。
 
 
 【ご注意】
本記事内容は、永代供養墓事業協同組合が、本サイトご利用者様の永代供養墓選び等のご参考なればと思い、ご提供している内容となります。
従いまして、永代供養塔「ともし碑」についての内容ではありません。予めご了承下さいます様、お願い申し上げます。

 
 
 

関連記事





640-100 資料請求バナー