今回は、永代供養料にまつわるよくあるトラブルをご紹介します。

016

永代供養料でよくあるトラブルをご存知ですか?

永代供養料に関するトラブルで、よくあるものの一つに、親族間・家族間のトラブルがあげられます。

具体的にはどのようなものかというと、実際に永代供養墓のある現地に見学に行ったり、契約交渉をする方と、永代供養料を支払う方(決済者)が違う場合です。

このような場合、双方の方々の意見が結局まとまらず、

永代供養墓を選べなかったり、既に遺骨がある場合には、なかなか納骨ができない状況が続いてしまうというようなケースがよくあります。

このような永代供養料にまつわるトラブルはなぜ起こるのでしょうか?

永代供養墓をご自身の先々のために、生前予約しておくというようなケースでは、このような永代供養料に関するトラブルの事例はあまりありません。

この永代供養料に関するトラブルは、既にご遺骨がある場合によく起こります。
(得てしてご両親様やご祖父母様のご遺骨である場合がほとんどです。)

既にご遺骨があり、それがご両親やご祖父母様の場合、ご家族・ご親族・ご兄弟間での話し合いが非常に重要になってきます。

どなたかが、先走って勝手に見学や仮手続等を開始してまい、他のご遺族と意向が異なるなどで、話がこじれてしまうことが原因となるケースが多いです。

では、どのようにすればいいのでしょうか?

このようなトラブルを防ぐためにも、ご家族・ご親族・ご兄弟間で、まずは意向などの話し合いを最初に行うようにしましょう。

・永代供養墓にするのか否か?
・永代供養料などはどこから捻出するのか?

など、意向や予算面のことなどを、見学に行ったりする前に、最初に取りまとめておくことが非常に重要です。

お墓のことというのは、やはり心情的な意向がかなりのウエイトをしめます。

ご家族やご遺族、ご兄弟に皆さんの意向や思いを組んでどうするのかを決めていくことが重要です。

永代供養料に関するトラブルと対策をまとめると・・・

ご両親様やご祖父母様などのご遺骨を永代供養墓に納骨しようとする際に、永代供養料に関するトラブルがよく起こる。

多くは、実際に見学などに行く方と決済者が違ったりすることに起因するが、

根本的には、最初に相談や承諾が必要な人たちみんなと話し合いを持つことが、このような永代供養料のトラブルを防ぐポイント!

【ご注意】
本記事内容は、永代供養墓事業協同組合が、本サイトご利用者様の永代供養墓選び等のご参考なればと思い、ご提供している内容となります。
従いまして、永代供養塔「ともし碑」についての内容ではありません。予めご了承下さいます様、お願い申し上げます。

関連記事





640-100 資料請求バナー