永代供養を京都、大阪、兵庫、滋賀、奈良でお探しの方、南禅寺帰雲院永代供養塔「ともし碑」のご紹介。

トップページ|京都で永代供養 南禅寺帰雲院 永代供養塔「ともし碑」

「ともし碑」を選んでいただける理由

メリット1

メリット2

メリット3

メリット4

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 京都で永代供養ができるお寺をお探しの皆様
  • 継承者がいなくてお墓の事でお困りの方(子供がいない、子供が女の子だけ・・・)
  • 子供や残される者たちにお墓の事で負担や面倒をかけたくない方
  • 遺骨を抱えどうにかせねばと思うが、納骨できるところがなくお困りの方
  • お墓のない方
  • 生前にお墓を用意しておきたい方
  • ご夫婦、ご兄弟、お友達同士でお墓に入りたいとお考えの方
  • 宗旨・宗派関係なく、永代供養してくれるお寺をお探しの方
  • いつでも自由にお参りができるお寺をお探しの方

等々・・・

南禅寺帰雲院 永代供養塔「ともし碑」は、上記のようなことでお悩みの方々や永代供養をお考えの方々のお役に立つことができます。

南禅寺帰雲院 永代供養塔「ともし碑」ホームページへお越し頂きありがとうございます。

「継承者がいない・・・」

「子供が女の子だけ・・・」

このようなご事情で、お墓のことについてお悩みの方へ

きっかけは、

「檀家の方以外でも安心して永代供養を託すことの出来るものを帰雲院につくれませんか・・・?」

という、お墓参りにお越しになられた方の一言でした。

帰雲院 永代供養塔「ともし碑」お参り風景

帰雲院 永代供養塔「ともし碑」お参り風景

ご存知のように、

「継承者がいない」
「子供が女の子だけ」
「お墓が遠方にありお参りするのが困難になってきている」

等で、お墓のことについてお悩みをお持ちの方が急増しています。

そして、その方々は、安心できるお寺での永代供養を希望しておられます。

より環境の良いところで、宗旨・宗派にとらわれず、維持・管理の負担なく、交通の便が良くいつでも気軽にお参りできる。

そんなものがあれば皆様に喜んでいただけるのではないか・・・?

そのような考えのもと、「ともし碑」の建立にとりかかりました。

納骨の方法は、33年間個別納骨室に安置し、その後合祀にお移しすると言う方法です。

「参ってくれる人がいる間は、夫婦とか家族だけのお墓がいい・・・」
「お参りに来てくれる人がいなくなったときにもさびしい思いをしなくていいように・・・」

そんな思いを実現してこそ、永代供養というものが生きてくるのではないかと考えたからです。

「出来るだけ多くの方々に安心してご利用いただくには?」
「費用は出来るだけ良心的にしたい」

など試行錯誤の末、ようやく建立いたしました。

京都のみならず、他府県からも

「お子様がいらっしゃるが女の子だけの方」
「永代供養できるお寺を京都でお探しの方」

などに好評をいただいております。

帰雲院は、桜や紅葉の名刹であり、臨済宗大本山南禅寺の中にある塔頭寺院(南禅寺創建開山堂)です。

境内や墓地も季節ごとに色づきを見せる木々や花々に囲まれております。

大勢の参拝者・観光客の方々が南禅寺にお越しになります。

が、帰雲院は一般の拝観をしておりません。

ですから、境内は、関係者の方々や永代供養塔「ともし碑」のお参りの方々だけです。

京都市営地下鉄「蹴上」駅、市バス「南禅寺・永観堂道」より徒歩数分、専用の駐車場もございます。

お参りにはいつでもお越しいただけます。

「永代供養できるお寺を京都でお探しの方」「継承者のいらっしゃらない方」
是非一度、資料請求・現地見学にお越しください。

大変お忙しいところ、お目通しいただきありがとうございます。

心より厚く御礼申し上げます。
 

 

(追伸)

永代供養塔「ともし碑」の費用については、個別納骨の場合80万円~。
最初から合祀の場合は1霊位15万円となります。
生前予約も可能です。

>>>永代供養塔「ともし碑」費用についてのご案内はこちら

資料請求をご希望の方はお問い合わせのページよりお申込みください。詳しい資料を郵送にてご送付させていただきます。

永代供養塔「ともし碑」は、個別納骨室(カロート)方式の場合、受入数に限りがございます。お早目の資料請求・ご見学をお薦めいたします。

 

詳細なご説明は、下記リンクまたはページ上部のメニューからお進みください。

南禅寺と帰雲院のご説明はこちら
永代供養塔「ともし碑」のご説明はこちら
資料請求・お問い合わせはこちら

 

永代供養墓前読経風景(帰雲院住職)

墓前読経風景(帰雲院住職)

永代供養塔「ともし碑」全景

永代供養塔「ともし碑」全景


永代供養・・・
それは自分の為、家族の為、子供達の為、残される者達の為に、
今から選ぶお墓・・・
永眠の地は生前に選ぶそれが永代供養です。

 

950-150 資料請求バナー
 

PAGETOP